Menu

基本的な合宿免許での1日の流れ

起床から午前中の教習までの流れ

合宿免許は起床の時間は特に決まっていませんが、朝食の時間は決まっていることが多いので食堂などで朝食を食べたいという場合にはその時間に合わせて起床することになります。朝食を食べに行く前に身支度などを済ませておく必要があるため、一般的には7時頃に起床する人が多くなっています。

教習は8時半~9時半頃から早ければ始まりますので、自分の教習スケジュールを確認してそれに合わせて行動することになります。場合によっては午前中の早い時間に教習が無いということであれば遅い時間まで寝ていても大丈夫だったりすることもあります。午前中にはおよそ教習は2~3コマであることが多く、教習と教習の間には休憩時間も設けられているのでトイレに行ったり休憩したりすることが出来ます。
1コマはおよそ50分であり、休憩時間は10分程度となっていますので移動に時間がかかる場合には早めに行動することが大切です。

昼食から午後の教習までの流れ

合宿免許の昼食は午前の教習が終わってからで、およそ1時間程度の時間があります。食堂で昼食を食べる場合には合宿免許の費用に含まれていることが多いのでお金はかかりませんが、人によっては気分転換も兼ねて外食するという場合もあります。

午後の教習は午前に行われる教習と比べてコマ数が多く、夜20時過ぎまで教習が行われることも少なくありません。
基本的には午前の教習と同じように行われますが、午前と午後の大きな違いは午後には途中に長めの休憩時間が設けられていることが多いということです。そのため、コマ数が多くてもそれほど長丁場を意識することなく教習を受けることが出来るようになっています。
長めの休憩時間は午後の教習が2コマ終わったぐらいに設けられていることが多く、時間は2時間程度あるので部屋に戻って休んだり休憩場所で他の人と交流するなど思い思いの時間を過ごすことが出来ます。

夕食から就寝までの流れ

その日の最後の教習が終わったら後は就寝まで自由時間となりますが、夕食の時間だけは決まっているので食堂で夕食を食べたいという場合には忘れないようにしなければなりません。早めに教習が終わったという人であれば夕食を外食で済ますということも可能です。
就寝までの自由時間は好きなように過ごすことが出来ますが、合宿免許によっては門限があることもあるので外出する際には注意が必要です。他の参加者と交流したり、明日のための予習を行ったり洗濯をしたりすることも出来ます。
就寝時間は門限と同じように設けられていることが多く、消灯時間も決まっていることが多いので夜更かしをせずに翌日に備えて睡眠を取るのが一般的です。

おすすめの合宿免許サイト:合宿免許ムーチョ!